【洗うの超ラク!】象印シームレスせんマグボトルをレビュー

スポンサーリンク
記事を書いた人
おかめ

筋金入りの運動嫌い 。
美味しいものをたらふく食べたい一心で3年以上筋トレ継続中。
月18回のトレーニングが義務。

おかめをフォローする
こんな方にオススメの記事です◎
  • 水筒洗うの面倒くさい
  • 家族分の水筒を洗う係
  • 水筒のパッキンがすぐ迷子になる
  • 水筒のパッキンを付け忘れてこぼしたことがある

今や1人1つが定番になったマイボトル。

でも水筒って、
飲み口のパッキンを分解して洗うの、すっごく面倒じゃないですか?(泣)

これのせいで、「もうペットボトルにしてやる!」と何度思ったことか…。

でも、それをまるっと解決してくれる最強の水筒があります。

象印の「シームレスせんマグボトル」です!

スポンサーリンク

オススメの水筒【シームレスせんマグボトル】とは?

シームレスせんマグボトルとは、水筒のフタとパッキンが一体になった水筒です。

パッキンを分解する必要がないので、洗うのが本当にラクなんです!

水筒なんて、壊れでもしない限り買い替えないよ

と思っている方、分かります!!

私も実際、壊れたからこれに買い替えただけでございます!

でもこの水筒を使って半年以上経った今、

今までの水筒には二度と戻れないと確信しています。

超シンプル構造

こちらがシームレスせんマグボトルです。

パーツは、本体とフタのみの超シンプル構造。

分解出来るパッキンは一切付いていません。

これでパッキンが迷子になることもないね!

パッキンと一体化した蓋がこちら。

このフタが、帰宅後に待ちうける「パッキンちまちま洗い」をゼロにしてくれます。

家族分洗うの大変だったのよ…

見失ったパッキンが排水溝で見つかる…なんてことも、もうありません!

従来の水筒は分解したパーツを取り付けるのも手間でしたが、もちろんそれも必要なし。

また、水筒が複数あるとどのパッキンがどの水筒のやつ!?ってなったりもしますよね。

パッキンを付け忘れて、車がびしょ濡れになったこともあったなぁ…

シームレスせんなら、もうそんな悲劇も起きません!

スポンサーリンク

シームレスせんの使い心地や洗い方

半年以上使って思うのは、本っっ当に洗い物がラク!!

この一言に尽きます。

私が今まで使っていた水筒はパーツが全部で5つでしたが、それが本体含めて2つで済むのだから、そりゃラクですよね!

以前使っていた水筒

シームレスせんのフタを洗う際は、スポンジだと奥まで届かないので、キュキュットCLEAR泡スプレーを使用しています。
(泡スプレー開発してくれた人まじ感謝)

水筒の気になる保温・保冷効果は、安心の象印なのでバッチリ!
(バッチリどころか、熱々の飲み物を入れた日には冷めなさすぎて飲めない)

中はフッ素コートなので、色や匂いが付きにくく、乾きもとても早いです。

デメリットはある?

シームレスせん自体には何もデメリットを感じていないのですが、写真のようにフタを回して開けるスクリュータイプ

  • 片手で開けられない
  • 飲み口が広いので、飲むときに油断すると一気に出る
  • 開け閉めのとき、フタについた水滴が落ちやすい

といった点があります。
(個人的にはそんなに気になりませんが一応)

こういったことが気になる方にはワンタッチオープンタイプもあります↓

ワンタッチオープンタイプも

お子さんや、サッと飲みたい方にはこちら。

画像引用元:象印公式サイト

飲み口も小さく、片手で飲めて良いのですが
このタイプはシームレスせんと言えどもパーツが4つあるんです。

正直、これなら今までの水筒と変わらないんじゃ…?という気も…。

お手入れのラクさでは断然スクリュータイプだね!

シームレスせんのサイズや価格

サイズと価格一覧
※価格は象印公式サイトより(全て税込)

0.24L
(絵柄入り)
0.36L0.48L0.6L
スクリュー6,050円5,500円6,050円6,600円
ワンタッチオープンなし6,050円6,600円7,150円

Amazonや楽天であれば2~4,000円程でお得に購入出来ます↓↓

スクリュータイプのみ、0.24Lのミニサイズもあります。↓
お散歩にぴったりですね♪

最後に

保冷・保温機能がバッチリの水筒は、季節を問わず手放せないアイテムですよね。

シームレスせんなら、疲れて帰宅したあとの洗い物が本当にラクになります!!
(お弁当箱というラスボスはいますが…)

1度使うと元の水筒には戻れないほど便利なので、皆さまもぜひー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました